PNWコンポーネント「ドロッパーポスト」

PNWコンポーネントは「元スペシャライズド社で製品開発を担ったアーロン氏の始めた新しいブランド」とのことでドロッパーポスト、ステム、ハンドルバーなど面白そうなパーツがラインナップされています。

なかでもドロッパーポストはピラー径27.2mmから31.6mmまで、トラベルも85mmから170mmまで、ワイヤも内臓と外回しと多様なラインナップです。

今回は試乗車のスペシャライズドEPIC(2014モデル)に装着することを想定して、ピラー径27.2mm(105mmトラベル)のレーニアXCのワイヤ内臓タイプを取り寄せました。

つくりはとてもしっかりしています。ピラー単体での実測重量は596gでした。600g前後の重量はドロッパーシートポストとしては平均的なものと思いますが、軽量なピラーと比べれば400g程度の重量増でしょうか。

操作は手元のリモートレバーで。プッシュするとサドルが下がり離すとそこでとまります。

実際に走ってみるとこれは世界が変わりました。これまでだと二の足を踏んでいたセクションも、サドルを下げれば重心も下がり身体も大きく動かせるようになるので楽しく走ることできます。600gのピラーなんて重たいものつけるか!!とも思っていたのですが、MTBがいっそう楽しくなるおススメパーツです。個人的には重量増を補ってあまりあるメリットがあると感じます。

試乗車に装着しておりますので、気になる方はぜひ店頭にてお試しください。

お値段は今回ご紹介したレーニアXC(ワイヤ内臓)が税込み¥29,500です。

その他のモデル(ピラー径、トラベル量等によってお値段が異なります)は税込み定価¥24,500~¥34,500となっております。またフレーム形状やサドル高によっては取り付けられない場合もございますので、不安がある場合はご相談ください。また取り付け工賃はワイヤ内臓タイプが¥3,500円、ワイヤ外回しタイプは¥2,500です。

あわせて読みたい

1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です