試乗車「TCR ADVANCED SL 2(2019)」

ジャイアントの「TCR ADVANCED SL 2」(2019モデル)を試乗車としてご用意いたしました。

世界最高峰のロードレースで戦っているバイクとまったく同じフレームです。史上最高レベルの剛性/重量比と操作性・快適性を両立。メインパーツは堅実にワイヤー仕様の「SHIMANO ULTEGRA」。そこに42mmハイトのフルカーボンホイールとチューブレスレディタイヤが組み合わさるという今季のジャイアントのラインナップでは最も実戦的なマシンかと思います。

軽い!

上記の使用で実測重量は6.9kg(Sサイズ、コラム、ISPをカットしていない状態です)。ペダルをつけても、軽量ホイールを装着するか、カーボンハンドル、サドル等を交換すれば6.8kgは難しくなさそうです。

調整しやすい「VARIANT ISP」

ISPだから面倒くさそう…というご意見も時々伺います。たしかにぐんぐん身長が伸びている10代の方や、ロードバイク1台目でまだポジションもなじまない、といった方にはお勧めできませんが、2台目以降のバイクでしたら心配ご無用です。25mmの範囲で調整できますので、シーズンやウエアの違いによりサドル高を変化させるにはまったく問題ありません。また調整は1mm単位のスペーサーを用いて行いますので、1mm単位での微調整は通常のシートピラーより素早く簡単です。

ハイエンドなのにお買い得!!

気になるお値段は定価¥430,000(税抜)です。他ブランドのハイエンドモデルですとフレームセットくらいのお値段で、パーツ一式とカーボンホイールがついてくるようなイメージでしょうか。ジャイアントらしくコスパが際立ちます。

最新のディスクロード、エアロロードもいいけれど、やっぱりロードはシンプルなのが一番といった方、あるいは6.8kgのバイクでがっちり戦いたいといガチンコレーサーにぜひおすすめしたい一台です。

こちらのバイクはご試乗いただけますので、店頭にてお気軽にお申し付けください。ジャイアント最高峰のフレーム、ジャイアントのカーボンチューブレスホイールをぜひ体感していただきたいと思います。

なお、ISPはサドル高720mmの位置でカットしており、サドル高720-745mmの範囲での調整となります。ご了承ください。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です