東北CXシリーズ#1磐梯高原南ヶ丘牧場(若松)

東北CXシリーズ#1磐梯高原南ヶ丘牧場に参戦しました。夏草チームからはC1に馬場さん、CM1に巽さんと私、ほかキッズ2名で合計5名エントリーでした。
以下CM1の若松の参戦記録です。

コース

南ヶ丘牧場内の常設コース(ジンギスカップでおなじみ)をCXレース向けにアレンジしているコースです。MTBコースをベースとしているのでダイナミックなゲレンデ下りに続いて林間のトレイルがあったり、ワイルドなパンプがあったりして楽しいコースです。今回のレースではキャンバー状のゲレンデ下りのラインが泥になり攻略が難しかったです。

機材

  • バイク:GIANT TCX ADVANCED PRO 2(2020)
  • ホイール:FORMOSA「Road Disc Wheel28H version」
  • タイヤ:前 IRCシラクチューブレス、後 IRCシラクチューブレスXガード
  • パワーメーター:ジャイアントパワープロ+ウルフトゥース42T

リザルト

CM1 4位/16出走(09:23.8-08:54.4-09:09.6-09:02.4-09:02.1)公式リザルト

レース

8列並びなので2列目。スタートは混走のC2と時差で30秒後。5位くらいでゲレンデ下りへ。ここからは巽さん、自分それぞれの得意区間で順位を入れ替えつつ前を追いかける(チームで走っていて一番テンションがあがる時間です)。先頭は石川選手が独走している模様。2周目あたりで2位を走っていた生田目選手がトラブル?でストップ。先行は石川選手(20秒くらい)~2番手須藤選手(20秒くらい?)。集団がばらけて、踏める区間(登り・芝緩斜面など)は全開、林間は隠れ根っこや石があるのでとにかくミスしないよう安全運転を心がける。2周目の中間地点くらいで海口選手を抜いておそらく3位浮上。4周目以降は色気を出して表彰台を意識してしまって硬くなる。よくない。最終5周目で後ろからきた伊藤選手にまったく対抗できずに4位で終了。しっかりパワーを温存して抜き去っていた伊藤選手が一枚も二枚も上手でした。表彰台は遠い。。。とはいえ東北CX初戦で東北CM1の上位陣とからむことができたのは収穫でした。
(写真はWataru Kanekoさんにいただきました)
(写真はWataru Kanekoさんにいただきました)
自分のレース後はC1馬場さんのピット。C1レースの緊張感あるピットはいろいろ勉強になります。

素晴らしいレースをつくっていただいた皆さま、ご一緒した皆さま、ありがとうございました。

次戦は東北CX第2戦福島空港ランド参戦予定です。

シクロクロスミーティング(信州CX)第2戦「富士山」

10月18日(日曜日)はシクロクロスミーティング(信州CX)第2戦「富士山」に参戦。夏草チームからはM50+55(CM1+2+3)に巽選手、M40+45(CM1+2+3)に若松、C1に馬場選手の3名がエントリーしました。

前日まで雨のためコースコンディションが心配でしたが、風があったことあり乾きが早く一部のたまり部分をのぞいてほぼドライのコンディションでした。

M50+55(CM1+2+3)巽 4位/46出走。

M40+45(CM1+2+3)若松 7位/21出走。

心配した泥はほとんどなく、ひたすら重たい草地のコースでした。最初から最後まで休みなくほぼ全開で踏みまくり。出し切りました。次回は11/22の東北CX南ヶ丘の予定です。

C1 馬場 37位/47出走。

 

大木須4周

今日は平日にもかかわらず猪野さんにお付き合いいただき大木須にてロード周回錬をやりました。1周11.5km(獲得標高280m)を4周。

最後の峠は1分間437w。猪野さんのおかげで適度に張り合いほどよく追い込めました。ありがとうございます。

キャニオン製バイクの持ち込み組立のご依頼がありました。夏草自転車店では他店ご購入のバイクにつきましても組立はいたしますので、キャニオン製品も同様に対応させていただきます。(作業工賃等はこちらでご確認ください

シクロクロスミーティング第1戦(若松)

シクロクロスミーティング第1戦白樺湖に参戦しました。M50+55(CM1+2+3)に巽さん、M40+45(CM1+2+3)に若松、キッズ(CK1)に若松子の3名参戦です。

台風14号の影響が心配でしたが、日曜日はなんとか小雨から曇天。コースは昨日までの雨のおかげでよい感じの泥でCXらしい?コンディションでした。

会場はスキー場で、急こう配のゲレンデ直登、大き目サイズのシケイン、溝多数、階段となかなかダイナミック。フラットな踏める区間は少ない。また泥の下に大きな石が隠れているのでパンクには要注意。

M50+55(CM1+2+3)の巽さん。2位。

巽さんの好走に刺激をもらい自分のレースへ。

〇リザルト:

M40+45 6/14(M45で4位)。M40+45(CM1+2+3)。出走はCM1選手のみだったので、実質的に50歳未満のCM1選手14名でのレース。

〇ラップタイム(手元計測):

8:26-8:46-9:10-8:49-8:34

〇機材

  • バイク:GIANT TCX ADVANCED PRO 2(2020)
  • ホイール:FORMOSA「Road Disc Wheel28H version」
  • タイヤ:前 IRCシラクチューブレス(1.6bar)、後 IRCシラクチューブレスXガード(1.7bar)

〇レース

レースはCL1、C2の後ろ1分差の時差スタート。スタートならび最後尾3列目。
スタート直後は様子をみてしまいほぼ最後尾。実力的に格上な数名の選手には完全に先行されて、以下はバラバラと追いかける展開。人数が少ないこともあり、同クラスとの競り合いは少なく淡々と前を追いかける。最終的には全体6位(M45で4位)で終了。シーズン初戦を怪我無く無事に終えてまず一安心。少しでも上位選手に近づけるようパワーアップしていきたいと思います。

最後は家族的にはメインイベントのキッズレース。MTBもCXもキッズレースは参加料も安く(今回は500円)、絶対的速度はロードより遅いので応援もしやすく、スタッフの方も親切なのでキッズのレースデビューにおススメです。

御亭山にてトレイルライド

一昨日、チームメイトの巽さんと某速いライダーの3名で、御亭山にトレイルライドに行きました。

バイクは先月おろした「ANTHEM ADVANCED PRO 29ER 1」。ちなみに私は身長175cm、サドル高71cmですが、Mサイズでちょうどよいと感じてます。

コースは10分弱の下りトレイルと、20分程度の登りトレイルをつないだ10km程度。ここを1周45分で5周。

登り区間は一部が15%以上の激坂に加えて、こぶし大の石がゴロゴロしていたりするのでかなり手強いのですが、フルサスの威力でライダーはペダリングに集中すればよし。ハードテイルだとトラクションことロールとか抜重とか忙しなかったけれど圧倒的にスムーズで楽しい。

このバイクでトレイルを走るのは初めてでしたが、クセがなく身体にしっくりなじむ感じが好印象でした。

 

小倉錬&コースメンテ

今日は小倉で新車のシェイクダウン。「ANTHEM ADVANCED PRO 29ER 1(2021)」。個人的には3年前まで乗っていた「S-Works EPIC(2014)」以来のフルサスです。

ゆっくり1周してから無理せずじっくり7周回。

これまでのハードテイルバイクと比べると登り区間が圧倒的に楽になりました。ハードテイルでは石を超えたり木の根を超えたりする際にトラクションコントロールと抜重をしっかり意識しなくてはならなかったのですが、「ANTHEM」は行きたい方向を向いてしっかりペダリングを継続すればあとはバイクが勝手にやってくれる感じです。レース終盤で雑なペダリングになったときなどは恩恵が大きそうです。

そしてサスがよく動きます。「S-Works EPIC(2014)」はハードテイルみたいに軽くてパリッとしたフルサスバイクでしたが(それは凄いことでした)、それと比べると圧倒的にサスがよく動く感じがします。身体に負担となる振動をスッキリ除去してくれるので快適と感じました。

そんなことでニューバイクは好印象でした。

午後はコースメンテ。先週は工場脇のシングルにパンプセクションを一つ追加しましたが、やはり一つでは物足りないのでもう一つ追加して2連に。パンプセクションからのコーナーも逆バンクだったのをバンク付に修正しました。試走はしてません。走ってみてお気づきの点がありましたらお知らせください。

 

 

 

 

久しぶりにチームロード錬

そろそろ真夏のピークも過ぎたかと思いチーム錬を再開。

コースは「とりのこ沢~御亭山~荒沢激坂」で約100km。長い登りでも10分未満なので、適度にバリエーションがあってよいかなと思います。荒沢の激坂は激しすぎるますが。。。

6時半に店スタート。10時半過ぎに戻り。走行中の平均気温は28℃でした。湿度が高く汗びっしょりでしたが、走っているときはなんとかなりました。

今年はコロナにつづいて猛暑、そして颱風となかなか落ち着きませんが、安全に楽しく活動したいと思います。

 

【レースレポ】ZWIFTバーチャル新潟県選手権

夏草ロード班3名(今関さん、巽さん、若松)で「ZWIFTバーチャル新潟県選手権」に参戦しました。

今シーズンは新潟県選手権ロードレース大会が開催中止のためZWIFTでバーチャル開催。県外選手も参加可能とのことで参加させていただきました。

競技者部門は参加者40名でしたが、トップクラスのJBCF選手、ZWIFTERが参戦しておりレベルの高いレースでした。

コースは「Watopia Figure 8」(1周約30km)を2.5周。2回通過するズイフトKOM、ズイフトKOMリバースが勝負所(強烈なセレクションがかかると思うので何回耐えられるか…)。

レースはローリングでスタート。序盤は散発的に動く選手はいるものの、最初のズイフトKOMまでは動かなそう。ならばということで、ズイフトKOMに入る前のトンネル出口から動いてみることに。自分的にはアタックしたつもりでも集団が多少伸びただけですが、とりあえず集団前方でKOMの登り口に到達。ここから最初のセレクション「ズイフトKOM」に挑むが…トップから10秒以上も遅れてしまい、あえなく撃沈。KOMをトップ集団13名-4名-3名-若松-今関の順で通過。自分の前後は7秒くらいあいていて、今関さんを待つか前にジョイントするか考えたが今関さんの出力があがらないので前に合流する。これでトップ-4名-4名(自分)。自分の4名パックはじわじわ前と縮めたので合流できるかと思ったが、次第に集団の活力がおちてしまったので2回目のKOMからゴールまでは単独で。

個人としてもチームとしても惨敗でしたが、準備も含めて久しぶりのレースの緊張感が楽しかったです。主催者の皆様、ご参加の皆様、ありがとうございました。

久しぶりに小倉を走る

小倉を草刈りしてから、久しぶりにCXで走りました。

ただただ草刈りするだけだと、単なる草刈りボランティアで飽きてしまうが、自分が走るためとなると断然楽しくなってくる。走っていてもここをきれいにしたいとか、土を盛りたいとかアイデアがわいてくる。ライダー目線で草刈りや土方作業は楽しい。自分としてはよい循環です。楽しみながら、結果として遊び場をつくり維持することができればいいと思っています。

話は変わって、「ZWIFTバーチャル新潟県選手権」にエントリーしてみました。JCF登録者であれば県外選手も参加可能とのことで、楽しいレースが期待できそうです。リアルなレース開催・参加が難しい状況の中で、イベントを企画していただいた皆様に感謝です。


夏草自転車店。

今週(8/3-8/9)は通常営業の予定です(営業時間:13時~19時。火曜日定休。日曜日予約営業。トレイルのメンテなど野良仕事にでかけることもありますので、ご予約いただけると助かります)。

https://natsukusa.jp/

ASIA 120km Endurance Ride (B)

いよいよ梅雨もあけました。夏空です。

なのですが、今日はメンバーの都合がつかずチーム練習はなし。昨日店頭デモ機として新しいスマートローラー「H3 Direct Drive Smart Trainer」を導入したので、これを試してみたい(晴れているのにローラーをやりたいとは倒錯しているような気もしますが…)。

ということで、「ASIA 120km Endurance Ride (B)」に参戦しました。

さすがに久しぶりの晴天のためか参加者は少な目(-_-;)。雨の土曜日だと100名を超えるのですが、今日のBクラスは50名ほどのエントリー。出走したのは40名弱?で、1周目から集団が小さくペースもゆったり。メンバーが多いと5分遅れでスタートのAとほぼ同時にゴールとなるのですが、メンバーが少なくペースもあがらならいので3周目でAに追いつかれます。ただAクラスも参加者が少なかったようで、この時点でA+Bの集団は30名程度?。最終的には15名程度とかなり小さな集団になってゴール。

今日は新しいスマートトレーナーを存分に試すことができたので満足でした。フライホイールが大きいので、加減速の感覚ががよりリアルになりました。スプリントのように一気に大出力をかけたときのパワーの立ち上がりも実際に近いと思います。
H3 Direct Drive Smart Trainerのご紹介はこちら。(店頭デモとしてご利用いただけます)


夏草自転車店。

来週(8/3-8/9)も通常営業の予定です(営業時間:13時~19時。火曜日定休。日曜日予約営業。トレイルのメンテなど野良仕事にでかけることもありますので、ご予約いただけると助かります)。

https://natsukusa.jp/