本気のCYCLOSMART

ジャイアントのスマートトレーナー「CYCLOSMART」で本気のトレーニングをするとどうなるんでしょうか?

最大出力2300wとのことなので、一般のロードレーサー、XCレーサーには十分な能力であることはわかるのですが、実際のところどれくらいの振動・騒音なのかとか、パワー変動に対応できるのかというのを検証してみました。

テストライダーは夏草サイクリングチームの若きエース物井選手です。物井選手に挑戦していただいたメニューは390w1分間(1分30秒レスト)と690w10秒間(1分レスト)のインターバルメニューです。

まずは390wで1分間。騒音はチェーン等の駆動系からの音が大きいです。振動は(ライダーがほとんどぶれずにペダリングしていることもありまして)ほとんどありません。

つづいて690wで10秒。さすがに激しく揺れてます。ここで注目していただきたいのは10秒のインターバルがしっかりできることです。一般的なタイヤを押し付けるタイプの固定ローラーではタイヤがスリップしたりのロスが大きくターゲットに到達するまでに10秒程かかってしまうこともありますが、こちらのスマートローラーはERG機能によりケイデンスに応じた負荷がかかるのでロスなくパワーが立ち上がるので短時間高強度のインターバルも可能になるのです(もちろんライダーの強い意志が不可欠ですが。。。)。

「CYCLOSMART」での本気のトレーニングの模様はいかがでしたでしょうか。

物井選手のようなガチンコ競技志向の方からフィットネスライダーまで、 インドアサイクリングが最高に楽しくなるトレーナーです。ぜひお気軽にお試しください。

(物井さんお疲れさまでした!!)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です