優勝を支えた車輪

「JBCF 石川ロード・E3クラスタ」にて夏草サイクリングチーム所属の物井邑選手が優勝いたしました。物井選手がレースで使ったホイール&タイヤがこちらです。

「GIANT SLR1 42 WHEELSYSTEM」&「GIANT GAVIA AC 0 TIRE」

石川ロードは長い登り、下り、アップダウン区間と選手にとってもバイクにとっても総合力が求められる難コースですが、ジャイアントのカーボンチューブレス対応ホイール&チューブレスタイヤが走りを支えました。

ホイールについては、「SLR1 42」(42mmハイト)と「 SLR1 」(30mmハイト)の選択肢がありましたが、物井選手はアップダウン区間での速度維持と安定性などを考慮して42を選択しました。

組み合わせるチューブレスタイヤにはスリックの「GIANT GAVIA RACE 0 TIRE」と溝付きの「GIANT GAVIA AC 0 TIRE」 とがありますが、今回は雨天のため全天候対応の「GIANT GAVIA AC 0 TIRE」を選択。

最新のチューブレスシステムはタイヤ交換も容易なのでレース直前でのタイヤ交換もスムーズです。チューブラーと比べるとタイヤ本体の値段が安いこと、交換が容易なこと(練習用→決戦用、ドライ用→オールコンディションなど柔軟に対応できます)は、アマチュアレーサーにとってありがたいことです。

レース時のタイヤ空気圧はフロント6.8bar、リア6.9barにセットしました。レース中は小雨が降りつづけ路面はウエット。周囲の選手の不規則な動きや道路のグレーチングなどでヒヤッとする場面もあったそうですが、しっかりグリップしてリカバリーできたそうです。

夏草では 「GIANT SLR1 42 WHEELSYSTEM」&「GIANT GAVIA AC 0 TIRE」のセットをご試乗いただけます。練習でもガンガン使えてレースでも勝てるホイール&タイヤです。是非お試しください。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です