湘南シクロクロス開成C2(小川)

湘南シクロクロス開成C2
2位/31名
何時だか勝った懐かしの地であるが、現状の自分ではあまりポジティヴなイメージが湧かない。
が、スタート順が5番だったんで、有利なポジション活かして出来るならゼッケンより良ぃ順位でゴールしたい。
スタートは予想以上に上手く行きポジションキープ。
キャンバーで轍屋君がやらかしてる間に3番に。
続けて前の2人も抜いて想定外なトップに。
さて、どーしたモンか?って思ってると、2人が追い付き3人の闘いに。
ミブロ君は苦しそうに付いて来てるが、横浜高校君はヨユーな感じ。
絶対何処かで仕掛けてくるって分かってたんで、流し先行してたんだケド、3周目の仕掛けの圧倒的なスピード差にやられた。
コノ展開で2位狙いは嫌だったんだケド、ムリしてバカ見るのはもっと嫌なんで、再びチャンス来ると信じて絶望的な差にならないように走ったが、最終ラップに脚攣りの兆候が!!
誤魔化しながらペース保って走ったが、シケイン越えた瞬間に両脚が!!
ココで優勝は諦めてポジションキープのままゴール。
色々思ぅコトあったケド、現状の自分ではコレがベストだった。
良かった点
早い段階でトップに出られた
ヤッパ渋滞やトラブルに巻き込まれんから圧倒的に楽
悪かった点
練習不足?練習してなぃ?
コレに尽きますね
ちょっと欲出てきたんで、ダメージ回復したら少しマヂメに走りますw
何時もながら応援、写真、そして運営の方々ありがとうございましたm(_ _)m
あっ、今回はオレが主役かな?w

宇都宮シクロクロスDay1C2(小川)

8位/51出走
ここのコースは何時も走り応えあるのだが、今回は何時もにもまして一癖あるコースレイアウトだった。
ただ、シッカリ見極めれば、乗車率は上げられそうだったんで、じっくり試走しておいた。
スタートがお昼前だったんで、路面緩んでるんで、フロントグリフォ1.8、リアシラクチューブレス1.8。
スタートは24番。
ようやく真ん中辺りになれたが、道幅広ぃ舗装路なんで、スタートはホドホドに。
ムダに飛ばしてる選手は構わずに、サンドセクションと階段で上げるようにして山の中では休んだ。
1周回終了時点で思ったよりか順位上げられず自分のポジションが全く分からなくなった。
そんな状態でレースは予想より1周多い5周回!!
途中ギャラリーから「6位!!」って教えられたけど、いまいち信憑性無い。
抜くチャンス多くなったって割り切って走った。
5人ほどのパックから抜け出し、最近良く絡む轍屋店長、ボンシャンスの選手との闘いに。
程無く轍屋君がドロップ。
ボンシャンス君には直線区間で一瞬で追い付かれるの繰り返し。
最終ラップにドコでケリ付けるか考えたモノの、脚の差が大きく敵わず。
ソコに猛烈に追い上げて来たJPTの若者に残り2コーナーで追い付かれて終了。
出し切ってのコレだからシャーネーですね。
参加された皆さんお疲れ様でした。
応援して頂いた皆さん、写真撮って頂いた皆さんありがとうございました。

写真はSumpu Photo様からいただきました。

茨城シクロクロス涸沼DAY1 C2(小川)

茨城シクロクロス涸沼DAY1 C2(2019年11月16日)

5位/25名

久々のナイトレースでしかも何故かC2がメインレースって不思議な感覚だった。

平坦詐欺とか言われまくってたケド、ソレ以上に走りが重ぃのが嫌な感じ。

タイヤは悩んだ挙げ句にフロントはグリフォチューブラー、リアはシラクサンドチューブレス、空気圧は前後1.8で挑んだ。

並びは23番。

後方スタートだケド、スタートの直線の長さと広さで気にならず。

スタート直後からボチボチ順位上げたケド、詰まる箇所では殆ど降りになるので、トップとの差は結構開いたらしぃ。

途中3番手ってアナウンス流れたケド、にわかに信じ難く前の選手と話すとやはり違ってた。

ともあれ、かなり上位になってるハズなんで、1つ1つ前に上がりながら最終ラップ。

既に前方とは差が広がってたんで、ミスで後ろの選手に抜かれんように気を付けながらゴール。

順位が良ぃかってのはさておき、現状の自分じゃあこんなモンでしょ。

ナイトレースって大変なイベント開催して頂いた主催者の方々には感謝です。

ありがとうございました。

次戦はろまんちっくの予定。

地元レースなんでキッチリ走れるように準備します。